薄毛の治療はどこでするの?

近年、薄毛の治療は病院でというテレビコマーシャルが流れるほど、クリニックによる薄毛の治療が一般的になりました。クリニックでの治療の中心は男性型脱毛症が圧倒的に多くなっていますが、その理由としては、医療機関のみでの使用が認められている、フィナステリドおよびミノキシジルによる治療が可能になったことが挙げられます。

どんな方法で治療するの?

2010年に日本皮膚学会からAGAの治療に関する指針が発表されました。これは、発毛効果のほとんどない商品が横行し、大きなトラブルになることが目立つようになったためとも言われています。この結果、発毛効果があると認められている有効成分を使うことができるクリニックでの薄毛治療の評価が高まりました。

今最も新しい最新の治療方法とは?

今最も注目されている治療方法としておすすめなのがAAPEと呼ばれる成長因子を直接頭皮に注入するHARG治療を行なっているクリニックも注目を集めています。男性ホルモンの過剰分泌という男性型脱毛症特有のテーマに対し、毛髪の再生治療という新しい角度からアプローチを図るHARG治療にも大きな期待が寄せられています。薄毛治療を行なっている毛髪専門クリニックなどでは、先ず本人の薄毛の状態を詳しく観察します。ただ単に、男性ホルモンの分泌を抑えるだけではなく、それぞれの体質や薄毛のレベルに合わせて、内服薬などを併用します。しかし、いくら発毛効果があるといっても誰もが一様に髪の毛が生えてくるというほど、発毛治療はかんたんなものではありません。

医師の指示に従って生活習慣なども変えていく必要があります。薄毛治療の大原則は、諦めないことと、我慢することだともいえます。